セイカダイヤエンジン株式会社

第23回ジャパンインターナショナルシーフードショー

EVENTインターナショナルシーフードショー

来る11月8日、9日、10日に開催される「第23回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」に、
セイカダイヤエンジンが出展いたします。
※ブース番号:P-20(南展示棟です。)

「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」は、国内唯一の水産業界に係わる最新商品、
最新技術を紹介する見本市として日本全国の水産・食品バイヤー、業界関係者が参集する、まさに3日間の水産市場です。

海と水産業のSDGsコーナー

私たちセイカダイヤエンジンのブースは、館内の「海と水産業のSDGsコーナー」にあります。このコーナーは、「海の豊かさを守ろう」をはじめとする国連が定めた持続可能な17の開発目標"SDGs"に対し、海や水産業界の側面から実現へアプローチするコーナーです。

※出展ブースの場所(P-20)はこちらからご確認ください。

出展ブース
セイカダイヤエンジンの
目指すところ

セイカダイヤエンジンの
ビジョン

人々が豊かな日本の海で快適に持続的に仕事をする環境を広げる。

SDGs

SDGs達成に貢献することをミッションとしていきます

すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する。

持続可能な生産消費形態を確保する。

気候変動及びその影響を低減するための緊急対策を講じる。

持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。

GREEN OIL JAPAN宣言に賛同し、パートナーシップで目標達成に果敢に挑戦する。

このショーでの
SDEのキーワードは…
「脱炭素」「省エネ」
「省コスト」 持続可能な漁業の新たな付加価値を提案します!

脱炭素

SDE では、漁業者の「魚の捕り方」に着目し、環境に及ぼす影響の観点から
漁船エンジンのCO2排出量低減を推進する取組みを提案します。

  • 脱炭素

    KEYWORD 01

    脱炭素

    次世代燃料

    「ユーグレナ社」とのバイオ燃料活用連携に関する協力関係の構築合意を受け、当社が販売する舶用エンジンにユーグレナ社が開発した「サステオ」の利活用の可能性を探って参ります。次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」は、分子構造が市販軽油と同じで、国内軽油規格に合致している為、既存インフラをそのままに利用可能です。会場では、燃料のサンプル展示とバイオ燃料試験時のエンジン試運転の様子をビデオで紹介しています。

    電化

    リチウムイオンバッテリー採用した、完全電化による電気推進船の市場投入の検討を開始し、将来を見据え、現状の技術下での試験船を準備中。

    SDEでは、市場実証試験に参画頂き、脱炭素に貢献するパートナーを募集しています。SDEと共に脱炭素社会を作りませんか?
  • スマートクルージングアシスト

    KEYWORD 02

    省エネ

    三菱重工エンジン&ターボチャージャ製舶用エンジン「S6M3J-T2MTKL」(363.9Kw)の展示に加え省エネ運航を支援する「スマートクルージングアシスト」を実物展示し、実際搭載した船舶の航行の様子をビデオで紹介しています。

    スマートクルージングアシストの図
  • KEYWORD 03

    省コスト

    既に養殖魚活魚運搬船で使用され、ご好評を頂いている「YJノズル」を展示し、マイクロファインバブル発生の実演を行っています。YJノズルは、既存の配管ラインや水中ポンプ等に接続し給水するだけで、大気中の空気を自然吸気した後、マイクロ・ナノバブル(ファインバブル)を含んだ大量の曝気水を水中に放出可能とするノズルです。
    水中ポンプ等を使用し放出するので、槽内の酸素濃度を高めながら強制的に循環流を作れ、酸素濃度を均一にできます。容積にあったノズルを使用すれば酸素ボンベも不要に…魚の鮮度を保ち、更に省コスト化が図れます。

SDEセイカダイヤエンジンでは、このシーフードショー出展を機に、
漁業関係者全体に3つにKEYWORD
「脱炭素」「省エネ」「省コスト」をアピールし、
今後様々な付加価値を提案して参ります。
SDGs達成を共に挑戦するパートナーを募集します。
興味のある方は、是非、実証実験に参画しませんか?
担当者までご連絡をお待ちしております!

お問い合わせ
トップページ > インターナショナルシーフードショー